アンジュアンジュ

突然ですが、あなたのつむじ辺りが薄くなってきたと感じていませんか?
最近髪のボリュームが頭頂部になくなった、つぶれる、ペタンンコ、
こんな感じになっていませんか?

育毛浜ちゃん育毛浜ちゃん

実はつむじの薄毛を改善するには生活習慣で改善できるのです。

あなたの日頃の習慣を変えて見るだけで、トップにボリュームが蘇りつむじの薄毛が目立たなくなります。

アンジュアンジュ

この記事では、

つむじが薄くなってきたという人に向けて、
つむじが薄くなる原因から対策までをご紹介いたします。

では参りましょう。

育毛浜ちゃん育毛浜ちゃん

つむじが薄くなってきてしまうと、ヘアーセットが決まらずに、
老け顔になってしまいます。

アンジュアンジュ

あなたのつむじを、スマホで写真に撮ってもらうと確認できます。
チョット怖いですけど自分のつむじがどうなっているか見るのは大切です。

つむじが薄くなる原因は?

1.女性ホルモンの減少

女性ホルモン(エストロゲン)と髪の毛は密接な関係になっています。
エストトロゲンは女性らしさと、髪の毛のツヤ、ハリ、コシなどをつかさどり、

キレイな髪の毛と発毛に関係しています。

そのエストロゲンが減少してしまうとヘアサイクルが乱れ、

長い休止期に入り抜け毛の時期が長く薄毛になってしまいます。

 

では、女性ホルモン減少の原因は?

1.加齢に伴う卵巣機能の低下。
女性ホルモンは20代前後から30代半ばまでがピークで、徐々に減少していくます。
45~55歳、閉経前から女性ホルモンは極端に減少し更年期の症状も出てきます。

 

2.栄養不足
ダイエットによる栄養不足は女性に多い現象です。

 

3,睡眠不足
睡眠不足は自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンに悪い影響が出る可能性があります。

 

4,ストレス
ストレスを感じると交感神経が働き、女性ホルモンのエストロゲンを減少させる作用があります。

女性ホルモン減少から薄毛になる?の記事を見る

2.血行不良

頭皮の血行不良が起きると、毛母細胞に血液が栄養を運べずに丈夫な髪の毛が作られなくなりヘアサイクルの乱れから抜け毛の原因にもなります。

3.頭皮炎症

頭皮へ外部からの刺激が強いと炎症を発症する場合があります。
外部とは?
紫外線、洗浄力の強いシャンプー(高級アルコール系シャンプー)
パーマ、ヘアカラーの薬剤など。

人体には常在菌という菌がいます

常在菌と人は共存して細菌から人体を常在菌はバリアーとして炎症や病気から守っているのですが、

免疫力が落ちていたり外からの刺激が強すぎると、

皮膚であれば炎症やアレルギー反応、ニキビや皮膚の赤みを起こします。

頭皮であればフケ、かゆみ、炎症など。

4.寝不足

十分な睡眠(睡眠のシンデレラタイム夜10時から深夜2時までの間)を取れていなければ、成長ホルモンの生成が減少し免疫力が下がり、毛母細胞の活動も十分に行えず頭皮のバリア機能も悪くなり、抜け毛が始まり薄毛になる原因になります。

5.飲酒・喫煙

過度の飲酒はアルコールを分解するのに肝臓は多くの栄養を使って分解しますので体は栄養不足になることがあります。
特にビタミンB軍はアルコールの分解に使われ、髪の生成に重要なビタミンB群を消費されると、
髪の成長の妨げになります。
栄養不足になると十分な栄養が毛母細胞に行き渡らずに抜け毛になる可能性があります。
又、また、アルコールは浅い眠りになりますので寝不足状態になりやすいです。

喫煙は血管を収縮させますので、血流が悪くなり毛母細胞に十分な栄養が行き渡らずに抜け毛になることもあります。

喫煙によってビタミンンCとビタミンEが消費され血管を拡張する作用が邪魔され血管が収縮して血流不足になり抜け毛の原因にもなります。

6.運動不足

運動不足はストレスの発散もできず、血行が悪くなり血流不足による十分な栄養が髪の毛母細胞に栄養が行き渡らずに抜け毛の原因にもなります。

7.栄養不足

栄養不足は髪の毛を生成する栄養が足りなくなり抜け毛になります。

8.ダイエット

ダイエットをしてしまうと栄養不足になりやすく、髪の毛母細胞に十分な栄養が行き渡らずに抜け毛になってしまう可能性があります。

つむじの薄毛を改善する生活習慣の対策は?

1.毛髪を作り出す栄養を見直す食事


正しい食事を心がけることで十分な栄養が全身、毛母細胞に栄養が行き渡り、毛母細胞が活発化し元気な髪の毛が育ちます。

タンパク質

髪の毛や体はたんぱく質でできていますので、タンパク質を摂取することは大事なことです。

大豆タンパク質

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンの摂取は、大切です。
大豆食品を摂ることを心がけるのが良いです。特に更年期を迎えている女性には積極的に摂取されると良いです。

ビタミンC

髪に大切なアミノ酸をビタミンCが髪の毛に運ぶ役割をしています。
ビタミンEは血管拡張をしてくれますので一緒に摂取するのが望ましいです。

ビタミンB

頭皮の新陳代謝に必要なビタミンで、頭皮炎症などにも有効なビタミンB群ですのでビタミンB群は摂取することが良いです。

亜鉛

亜鉛は細胞の新陳代謝を活発にし、たんぱく質の吸収を助け、
脱毛因子の5αリダクターゼの抑制にも効果があるとされています。

食事で栄養を摂ることが望ましいのですが、現代人の生活習慣から、
バランスのととれた食事はなかなか取れていないのが実情です。

サプリメントの利用も効果的ですね。

2.運動で血流アップ


運動で血流アップするのは健康的で理想です。
毛母細胞に血液を送る運動としては、ウオーキングが良いです。

1万歩が目安ですちょっと長いですね、血液を送り出すのはふくらはぎの筋肉ですので、ふくらはぎを重点的に運動することが薄毛には効果的ですので、かかとの上げ下げやふくらはぎマッサージが効果を出します。

ミルキングアクションと言ってふくらはぎの筋肉が牛の乳搾りのような動きをして足の下に来た血液を心臓に送り返します。

ウオーキングと、かかとの上げ下げと、ふくらはぎマッサージが薄毛に効果的な運動になります。

3.良質な睡眠で免疫力アップ

睡眠は人が健康的に生きていく上でも大切な事です。
睡眠中は日中の行動で体内にできた活性酸素を除去するために人は寝るのです。

特に睡眠のシンデレラタイム(夜10時から深夜2時までの間)に寝ている事が成長ホルモンが出て免疫力が上がりますので、シンデレラタイムに寝ているのが薄毛対策になります。

睡眠についてもっと詳しい記事を見る

4.過度な飲酒や喫煙を見直す


喫煙は血管を収縮させてしまいますのでできれば禁煙もしくは量を減らす事が望ましいのですが、禁煙によるストレスを抱えてしまえば意味がないので、程々にしながら禁煙につながるようにしたいものです。

過度の飲酒は抜け毛や体にも良くはありません、
少量の飲酒は血管を拡張し毛母細胞には良いです、又健康的でもあります。
ビール中びん1本、日本酒1号までを推奨されています。

頭皮環境対策 頭皮の乾燥や炎症を解決するシャンプー

高級アルコールシャンプーは洗浄力が強く汚れは落ちますが、
余計な皮脂まで洗い落とし頭皮が乾燥し、フケやかゆみ常在菌を洗い落としすぎると、悪玉菌が発生して頭皮の炎症が出てきます。

対策としては、アミノ酸系シャンプーを使い頭皮環境を整える事が良いです。
アミノ酸系シャンプーは洗浄力が優しく頭皮の乾燥を防ぎ、
頭皮環境に必要な天然成分が配合されています。

ヘアカラーされている人には、洗浄力が優しいので色持ちが良くなります。

アミノ酸系育毛シャンプーの記事を見る

2.頭皮マッサージと育毛剤による改善

頭皮マッサージは血行を良くするので、薄毛には効果的です。
又、頭皮マッサージの前に頭皮に育毛剤を使用する事で効果はさらに上がります。

女性の育毛剤比較ランキングを見る

つむじの薄毛をカバーするセット、ドライヤーのかけ方

シャンプー後にドライヤーをかけて髪のセットをしますが、
もし可能であれば、つむじの巻と反対方向から髪の毛を分ける、又は髪の毛を流すと言ったら分かりやすいかな?

つむじのある方の逆から髪の毛を流してあげる事により、
毛流れに逆らうので頭頂部にボリュームが出て、
つむじも隠れるのでつむじの薄毛には良いセット方法です。

まとめ

つむじの薄毛を改善する方法は日常の生活習慣が大きなポイントです。

生活習慣を見直すだけでも大きな改善ができます。

合わせて頭皮環境を整えるためにも、アミノ酸シャンプーと育毛剤の使用が、
効果を大きくできる方法です。