頭皮の悩み解決シャンプー

頭皮の悩みは我慢できない!

かゆみ、フケ、臭い、ニキビ、湿疹、抜け毛など今すぐどうにか解決したい!
頭皮のケアには頭皮専用のシャンプーが効果を期待できます。

頭皮を洗う洗浄力の強いシャンプーを使用すると、頭皮のトラブルを起こします。

洗浄力の強いシャンプーは頭皮の乾燥をまねき、乾燥すると皮脂が異常分泌され
その結果頭皮の雑菌が異常繁殖して、湿疹やフケの出る場合があります。

頭皮がかゆくなり赤みがかってきたら炎症の一歩手前の状態。
シャンプーの洗浄成分は大切で、この2つの成分「ラウレル硫酸」「ラウレス硫酸」は洗浄力が強い代表的な成分ですので控えた方が良いです。

薬用・オーガニック・アミノ酸を原料にした頭皮に優しく、かゆみ、臭い、フケ、湿疹などに特化し悩みを解決できる成分を配合した頭皮に優しい頭皮環境を整えるシャンプーの使用が望ましいです。

頭皮に優しい頭皮専用シャンプー比較人気ランキング

頭皮の皮脂脂性

頭皮の皮脂が異常分泌する原因は食事と頭皮の洗い方、ストレスに原因があります。
食事は脂っこいものや糖質の多いものを多く食べていると、中性脂肪が増えて頭皮皮脂が多くなります。

又、ストレスを受けると交感神経が優位になり皮脂の原因になる男性ホルモンが増加して頭皮皮脂が増えてきます。

頭皮の洗いすぎと洗浄力の強いシャンプーを使って洗っている。
頭皮を洗いすぎると頭皮が乾燥し、潤いを保とうとして皮脂を多く出してきますので頭皮の脂性にもなります。

洗浄力の強いシャンプーも頭皮乾燥を招き、皮脂を多く出して脂性の原因にもなります。

改善法としては、洗う回数を減らしてアミノ酸系シャンプーの使用が推奨されています。
食事もバランスよく緑黄色野菜やビタミンB2、B6の食品は脂を分解するので積極的にとってほしい食品です。

頭皮の皮脂抑える対策についてもっと詳しく見る

頭皮かさぶた

頭皮のかさぶたのできる原因は2つ。

1つは頭皮の皮脂の過剰な分泌で雑菌の異常繁殖による炎症からのかさぶたです。

2つ目は外傷による頭皮の傷、接触生皮膚炎からのかさぶたです。
接触生皮膚炎は「かぶれ」と言われるアレルゲン物質による病気です。

パーマやヘアカラーでのかぶれなんかもそうです。
金属アレルギー、化粧品アレルギーなど。

頭皮のかさぶたの改善は、炎症によるかさぶたの場合は皮膚科医に行くのがまず大事です。
シャンプーを薬用の雑菌用のシャンプーに変えるのも皮膚科医からも推奨しています。

接触性皮膚炎の場合は、アレルギー反応するものは使用しない。
パーマやヘアカラーの頻度を下げる、2カ月は空ける。

担当美容師さんに薬剤を直接頭皮につかないように工夫した施術をしてもらうなどです。

頭皮かさぶた原因対策についてもっと詳しく見る

頭皮脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎の原因は皮脂が過剰に分泌され雑菌の餌が増えることによって、
マラセチア菌が異常繁殖して頭皮の炎症を引き起こすと脂漏性皮膚炎になります。

皮脂の過剰分泌する原因は、生活習慣によるものです。

脂っこい食事、洗浄力の強いシャンプーの使用から頭皮を乾燥させて、
皮脂を過剰に出す、過剰な飲酒、喫煙、寝不足などの生活習慣の影響から
皮脂の過剰分泌を招いています。

対策としては、皮膚科医に行く、皮膚科医推奨のシャンプー
「コラージュフルフルネクスト」に変える。コラージュフルフルネクストは
マラセチア菌を退治すする成分「ミコナゾール硝酸塩」を配合していますので
脂漏性皮膚炎の対策には効果が期待できます。

頭皮脂漏性皮膚炎原因対策についてもっと詳しく見る

頭皮臭い

毛穴に存在する皮脂腺から分泌される脂肪酸が、酸化してできた匂いの成分ノネナール。
若い人は皮脂腺から脂肪酸が分泌されても、ホルモンの作用で酸化しないので匂いがないのですが、
30〜40歳を過ぎる頃からホルモンの働きが衰えて、脂肪酸が酸化するようになり、
ノネナールが増えて、加齢臭が発生するようになります。

更年期の始まる45〜55歳の女性は若い時より匂いが出始め、匂いがきつくなってきます。

対策は食事と、匂いを消す成分配合のシャンプーに変えてみる。
抗酸化力をつける食べ物と、脂肪酸になりやすい食べ物を極力避ける。

頭皮の臭い原因と対策についてもっと詳しく見る

頭皮フケ

頭皮のフケの原因は頭皮の乾燥や常在菌の炎症、感染症による原因があります。
頭皮表面の潤いは角質層に含まれる天然保湿因子によって保たれています。

しかし、天然保湿因子は徐々に減り、皮膚のターンオーバーも遅くなり、
頭皮表面では、潤いがなくなり、フケとして目立つようになります。

パラパラとフケが落ちる乾燥性のフケ。
ベタベタとした脂性フケ、主に脂漏性皮膚炎という頭皮の病気の症状です。

頭皮の乾燥から常在菌の炎症で赤らみが出ます。

フケの対策は常在菌を退治する薬用シャンプーの使用が効果を期待できます。

常在菌の一つ「マラセチア菌」は汗や皮脂を餌にして増えます。
マラセチア菌を退治する成分、ミコナゾール硝酸塩・オクトピロックスという殺菌薬が配合されているシャンプーの使用が効果を期待できます。

頭皮のフケの原因と対策についてもっと詳しく見る

頭皮ニキビ

ニキビは皮脂が毛穴に詰まり、その皮脂を餌にしてアクネ菌が増え、
炎症を起こすことで生じます。

原因は、ストレス、寝不足、脂っこい食べ物、便秘、頭皮洗い過ぎ。

対策には、脂っこいものを控えめにし、緑黄色野菜や脂を分解するビタミンB2・ビタミンB6
の入った食べ物を摂取する。

睡眠はできれば免疫力を上げる夜10時から深夜2時までの間には睡眠に入っているのが理想です。
しかし、中々今の社会では10時から睡眠に入ることはできないですね。

せめて熟睡のできる睡眠を心がけて欲しいです。

便秘改善に朝食をとる。間食を避ける。食物繊維をとる。

シャンプーは洗浄力の強いシャンプーは使用しない。
洗浄力が強いと頭皮は乾燥し、さらに皮脂が分泌され菌の餌になってしまい
菌が増える、ニキビが増えるという惡循環になってしまいます。

頭皮脂性を抑える頭皮専用のシャンプーに変えてみる。

頭皮ニキビのできる原因対策についてもっと詳しく見る

頭皮フケ抜け毛

頭皮フケの原因で抜け毛が引き起こされる脱毛症があります。
フケや皮脂の過剰分泌、頭皮皮脂の大量発生により、毛穴の詰まりや雑菌が過剰繁殖し、
毛髪が脱毛してしまう脂漏性脱毛症。

細かい粉のようなフケが大量に発生して、毛穴を詰まらせて抜け毛になる。
粃糠性(ひこう性)脱毛症。

脂漏性脱毛症と粃糠性脱毛症の特徴は、フケと皮脂です。
対策としては、フケと皮脂を抑え頭皮のターンオーバーを正常にすることです。

頭皮の悩みの原因はほとんどが、皮脂の過剰分泌から雑菌の異常繁殖による影響が多いです。
生活習慣の見直し、頭皮の状態にあったへケア商品の使用、シャンプーのしすぎなど自分で改善できることがほとんどです。

頭皮フケ抜け毛の対策についてもっと詳しく見る