シャンプーの特徴は界面活性剤で決まる

界面活性剤とは?

2つの物質間の境界面に集まりやすい性質を持ち、その2つの物質間の境界面の性質を著しく変えるものです。
(例)表面張力(水と空気の境界面に働く力)を下げる働き。

界面活性剤は、親水基(水になじみやすい部分)と親油性(油になじみやすい部分)の両方を持つ物質で、油と水の境界(界面)に集まり表面張力を下げます。

油分と水分を細かく均一に混じり合わせる乳化作用、粉末状の個体を水の中に均一に混じり合わせる分散作用、油性の汚れに吸着して水と共に流し去る洗浄作用、液体の界面張力を下げることで濡れ、なじみを良くする湿潤・浸透作用、泡の液膜を静電反発で維持することで生じる
起泡作用、逆に泡の液膜を壊す働きにより生じる消泡作用などを持ちます。

ヘアケア剤は、様々な種類の界面活性剤の色々な作用を活用して開発されています。

界面活性剤の構造

界面活性剤の種類 界面活性剤の状態       特徴 主な用途
アニオン
界面活性剤
マイナスイオン 泡立ちが良く、
洗浄力に優れている。
シャンプー
ボディソープ
カチオン
界面活性剤
プラスイオン 毛髪表面を整えて

なめらかにする

ヘアリンス
ヘアコンディショナー
ヘアトリートメント
両性
界面活性剤
両方のイオン 洗浄力や泡立ちは、
アニオン界面活性剤に劣る
刺激がすくなく毛髪や肌に優しい
ベビーシャンプー
ノニオン
界面活性剤
イオン性なし 油と水を馴染ませる作用が強く
様々な化粧品に使われている
クリーム
乳液
シャンプー

シャンプー剤の成分と働き・効果

シャンプーの働き

シャンプーの第一の目的は毛髪や頭皮の「汚れ」をとることです。この汚れは、
大きく分けて2種類あります。

外因性の汚れーほこり、タバコの煙、排気ガス、ヘアスタイリング剤など。

内因性の汚れー汗、皮脂、フケなど。

これらの汚れは、油の性質(水になじみにくい性質)を持つものが多く、お湯で洗うだけではなかなか落ちません。
そこで、洗浄成分としてアニオン界面活性剤や両性界面活性剤を使うことになります。

また、洗浄成分だけでは毛髪はパサパサになってしまうので、
通常はコンディショニング成分を配合します。

このコンディショニング成分は洗浄中やすすぎ時、洗浄成分と結合することで、
水分を多量に含んだクッションのようになり、指や毛髪同士の摩擦から毛髪を保護します。

洗浄のメカニズム(ローリングアップ洗浄)

シャンプー剤の構成成分

 

構成成分 配合目的 一般的な原料名
界面活性剤 洗浄作用
汚れを落とす
アニオン界面活性剤
両性界面活性剤
コンディショニング成分 きしみをなくす
毛髪を保護する
カチオンポリマー
カチオン界面活性剤
タンパク質誘導体
シリコーン誘導体
天然油、エステル油
増粘剤 剤に粘度を出す セルロース誘導体
合成ポリマー
無機塩類
毛髪保護剤・湿潤剤 毛髪保護
補修
タンパク質誘導体
多価アルコール
多糖類
天然油
エステル油
香料・その他 商品の特徴づけ
安定化
香料剤
紫外線吸収剤
清涼剤
酸化防止剤
金属封鎖剤
防腐剤 商品の安定化
腐敗防止
パラペン
安息香酸
サリチル酸
フェノキシエタノール
イソチアゾリン

シャンプー剤に使用されている界面活性剤の分類

界面活性剤は大きく分けて2種類
アニオン界面活性剤、両性界面活性剤

アニオン界面活性剤は11種類

高級アルコール系

ウリル硫酸Naー洗浄力が高く、泡立ちも良好な界面活性剤。
ラウレス硫酸Naー戦場両区が高く、泡立ちも良好な界面活性剤。
ラウリル硫酸Naよりも低刺激性。

αオレイフィン系

オレフィンスルホン酸Naー洗浄力が高く、泡立ちも良好な界面活性剤。

アミノ酸系

グルタミン酸系

ココイルグルタミン酸Naーアミノ酸、グルタミン酸由来のアニオン界面活性剤で、皮膚、毛髪
ラウロイルグルタミン酸Na に対してとても優しい低刺激性、洗浄力は強くなく、泡立ちも
あまり良くない。コンディショニング性が高く、高価。

アラニン系

ラウロイルメチルアラニンNaーアミノ酸由来のアニオン界面活性剤。適度な洗浄力と
脱脂力を有しており、しっとりした感触に洗い上がる。
ココイルメチルアラニンNa

グリシン系

ラウロイルサルコシンNaーアミノ酸由来のアニオン界面活性剤。温和な洗浄力と静菌力を
ココイルサルコシンNa 有しており、歯磨き剤から身体洗浄剤まで幅広く使用されている
ココイルグリシンNa

タウリン系

ココイルメチルタウリンNaー含硫アミノ酸と言われるタ  ウリンから作られる界面活性剤。
ラウロイルメチルタウリンNa AMTとも呼ばれ、皮膚、毛髪に優しい低刺激性。

タンパク質由来系

ココイル加水分解コラーゲンNaーコラーゲンなどのタンパク質を加水分解して得られる
ポリペプチドを元に作られている。
皮膚、毛髪に対してとてもやししい低刺激性の界面活性剤。

スルホコハク酸系

スルホコハク酸ラウレス2Naー泡の持続力に優れている。
他の界面活性剤と組み合わせると起泡力が増す。
高級アルコールを原料としているが、高級アルコール系よりも
皮膚刺激がやや弱く、特に目に対する刺激が弱くなっている。

石鹸系

アルカリ石鹸系

オレイン酸Naーいわゆる石鹸。生分解性が高く、洗浄力があるが、pHが高いため
ヤシ湯脂肪酸K 皮膚への刺激性がある。また、水の中のイオンと結合して水に溶けない
スカム(石のようなもの)を作り、髪に吸着して固くなってしまう。

酸性石鹸系

ラウレス酢酸Naーアルカリ石鹸に類似した構造を持ち、生分解性が良く、適度な洗浄力が
ある。弱酸性なので刺激が緩和されている。

アミドエーテル硫酸系

PEG-3ヤシ油脂肪酸アミドー高級アルコール系とほぼ同等の泡立ちの良さがありながら、
MEA硫酸Na アシルメチルタウリン系に構造が類似しており、皮膚刺激は
高級アルコール系よりも弱くなっている。
酸性でも析出しにくいという特徴がある。

両性界面活性剤は3種類

ベタイン系

アミド型
ラウラミドプロピルベタインー高発泡性、低刺激性を有する両性界面活性剤。
コカミドプロピルベタイン  アニオン界面活性剤との組み合わせにより、優れた
増発泡性を示す。

イミダゾリニウム型

ココアンホ酢酸Naー特に目に対する刺激が低い両性界面活性剤で、ベビーシャンプーなど、
低刺激性洗浄剤の基材として使用される。

アミノ酸系

ラウリミノジプロピオン酸Naー両性とアミノ酸系の両方の良い点を持ち、目、皮膚への
刺激性が少ない低刺激性の界面活性剤。

 

まとめ

シャンプーの特徴は、界面活性剤の種類で決まります。

界面活性剤もいろいろあり、どのような界面活性剤を配合されているかでタイプが決まります。

頭皮が乾燥している、敏感肌、アレルギー体質などの頭皮環境が敏感な人は、

アミノ酸系シャンプーが良いですね、当サイトの頭皮環境を整えるシャンプー比較記事があります。

頭皮環境を整えるシャンプー比較記事を見る