ルイボスティ育毛水作り方

ルイボスティ育毛水は簡単に作れます。さらに飲んで体の中からも抗酸化力で育毛と健康に最適な飲み物なんです。

そんな優れ飲み物ルイボスティ育毛水の作り方をご説明します。

用意する物

材料 (100ml分)

ルイボス茶(茶葉)3g(目安は大さじ1)
グリセリン(グリセロール)5ml(小さじ1)
精製水(ミネラルウオーターでも可45ml
水道水500ml

かかった費用コスパ最強!

アマゾンの価格ですが、ドラッグストアーではグリセリンは500円ほどで、精製水は100円ほどで購入できます。

ルイボス茶

ルイボスティー

グリセリン

精製水

ルイボスティ育毛水作り方

①水道水をやかんに入れて火にかけ、沸騰したら、ルイボス茶を入れ、
弱火にして10分ほど煮出す。

②煮出したルイボス茶をこして冷ます。
その間、グリセリンと精製水を用意する。

③ルイボス茶、グリセリン、精製水を容器に注ぎ入れて混ぜ合わせる。
瓶など密封できる容器に入れると保存に便利。

ルイボスティ育毛水の頭皮への付け方

作ったルイボスティ育毛水をスプレー式の容器に入れると付けやすいです。

①付ける回数は、1日に1~2回で、1回分の量は5ml程度(小さじ1)
シャンプー後、髪をよくタオルドライして半渇きの状態につけるのが理想。
頭皮全体にまんべんなくつける。

②指の腹で頭皮全体をマッサージします。

・広げた両手のひら全体で頭(耳の上あたり)の両側をしっかり押さえ、そのまま、はさむようにゆっくり上げていきます。

・上げたら数秒間静止させ、ゆっくりゆっくり両手の力を緩めてゆきます。これを3~5回繰り返します。

・両手の指の腹で頭の両サイドを押さえて、円を描くように頭皮をゆっくり動かします。
全体にまんべんなくこれを繰り返しマッサージします。

・最後に、全体を指先でリズミカルにタッピング(頭を叩く)をします。

ルイボスティ育毛水の注意

ごく稀に合わない人がいますので、使用前にパッチテストをしてからの使用が良いです。
パッチテストの方法は、腕の内側にルイボス育毛水を付けて24時間何もないことを確かめてから使用します。

ルイボスティ育毛水保存法

常温での保存で間違いはないのですが、冷蔵庫に入れておくのが無難です。

ルイボスティ育毛水Q&A

Q付けすぎによる害はありませんか?

Aルイボス茶の育毛水は、自然の素材なので、付けすぎても自然の素材なので、付けすぎても害になることはありません。
安心して使ってください。

Q精製水やミネラルウオーターを使う理由は?

A育毛水や化粧品を作るときは、水道水はなるべく使わない方がよろしでしょう。
水道水に含まれている塩素や化学物資によって、効果が薄れてしまう可能性も考えられるからです。
そのため、塩素などが含まれていない、精製水やミネラルウオーターがオススメなのです。

Q傷があるときは付けない方が良いですか?

Aルイボス茶そのものには、傷を殺菌したり、新陳代謝を高めて、皮膚の再生を促す効果がありますが、絶対に問題がないとは言えません。
頭皮の様子を見ながら慎重に使用してください。

Qルイボスティの育毛水を付けてはいけない人はいますか?

A自然の素材なので、基本的には付けてはいけない人はいません。
ただし、肌質によっては、まれに合わない人もいるかもしれません。
パッチテストを行ってから使用してください。

まとめ

ルイボス茶の育毛水は自宅で簡単に作れるコスパ最強の育毛水です。
飲んでよし!付けて良しの優れ育毛ケアのお茶です。

体の内側から、直接頭皮につけての育毛法を是非お試ししてください。

ルイボスティ飲んで髪生える

マイタケ育毛水作り方