頭皮かゆみ臭いの原因と対策には!?

もしあなたの頭皮が臭ってきていたら?イヤですよね!
肌と同じように内的要因や外的要因により、頭皮の状態も変化します。
年齢と共に、臭いの発生などが起こります。

頭皮の状態は自分で確認することが難しく、変化に気づかない人も多くいます。

頭皮の臭いの正体とは?対策は何が良いのか!

 

頭皮の臭い原因は

1,頭皮から分泌される皮脂が原因で臭う

頭皮は皮脂腺や汗腺が多く、とても汚れやすい部分。

頭皮から分泌される皮脂は、睡眠不足などによる生活の不規則化、

ストレスや季節の変わり目などで発生しやすい皮脂の過剰分泌がおこり、

シャンプーで皮脂などの汚れが十分に落としきれていないと、

皮脂が酸化されて過酸化脂質となることで、頭皮を刺激し、

かゆみやフケ、ニオイの原因となります。

また、そのまま放っておくと、細菌が繁殖し、イヤな臭いを発生します。

2,においの正体ノネナール?

ノネナールは毛穴に存在する皮脂腺から分泌される脂肪酸が、

酸化してできた臭いの成分です。
加齢臭の臭いになっている成分で、

若い人は皮脂腺から脂肪酸が分泌されても、

ホルモンの作用で酸化しないので臭いがないのですが、

30〜40歳を過ぎる頃からホルモンの働きが衰えて、脂肪酸が酸化するようになり、

ノネナールが増えて、加齢臭が発生するようになります。

また、ノネナールはアルコールから生成されたアルデヒドもノネナールの原料になっています。

お酒飲みは臭い?

3,女性ホルモン減少が匂いをきつくする?

女性ホルモンは抗酸化力があるので、臭いの抑制になっています。

しかし、女性ホルモンの減少が始まりだすと脂肪酸が酸化され臭いが出始めます。

更年期の始まる40〜60代の女性は若い時より匂いが出始めています。
個人差はありますが匂いがきつくなってくる年代です。

4,男性の加齢臭

男性の加齢臭は、皮脂の量が減らず脂肪酸の量が増え、抗酸化力が低下して
ニオイの元ノネナールの量は増え加齢臭が増えます。

5、食生活

ノネナールの原料になる、脂肪酸を多く含む食品は、
油の多い肉類、マヨネーズ、バター、生クリーム、クリームチーズ、など。
日頃から脂身の多い肉や、乳製品が多いと臭いの元の原料を増やし臭いが出るようになる。

頭皮の臭い対策方法

1,食事

頭皮の臭い対策の食事は、抗酸化力をつける食べ物と、
脂肪酸になりやすい食べ物を極力避ける事で効果が期待できます。

抗酸化力をつけるビタミンEは抗酸化作用により脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助けます。
この時使われたビタミンEは効力を失われてしまい、
そこで力を貸すのがビタミンCです。

ビタミンCは効力を失ったビタミンEを復元する力があり、
抗酸化作用を持つビタミンEとビタミンCは体の中でチームワークを発揮しているのです。

ビタミンC ーアセロラ・グァバ・オレンジ・菜の花。
ビタミンEーサーモン・ヒマワリ油・カボチャ。

脂肪酸になりやすい食品
バター・チーズなどの乳製品、ラード・牛肉・豚肉などの動物性の食品、パーム油。ヤシ油。
スナック菓子、揚げ物、洋菓子、菓子パン、カップラーメン。

ノネナールの抑制には、ノネナールの元となっているアルコールフェノール類、
アルデヒド類、脂肪酸を減少させることが重要!

2,女性ホルモンを増やす

女性ホルモンを増やすことはできませんが、女性ホルモンの減少に対しての対策をとることができます。
「大豆イソフラボン」は女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをします。

大豆イソフラボンを摂取し、エストロゲンの働きを補ってもらうのが最善策です。


「大豆イソフラボンを多く含む食品」

納豆・大豆飲料・豆腐・油揚げ・味噌・大豆煮・きな粉。

これらの大豆食品を食べることによって大豆イソフラボンを増やし、

女性ホルモンの働きを補助することが期待できます。

さらに唐辛子を混ぜて食べると、中性脂肪の減少と髪の毛が増える効果が期待されています。


・良質な睡眠

睡眠不足は自律神経のバランスを崩し成長ホルモンも出ない状態になってしまいますので、
睡眠のシンデレラタイムと呼ばれている夜10時から深夜2時の間に寝ていることが理想です。

この時間に寝ていると成長ホルモンの分泌が盛んになり免疫力も上がり、女性ホルモンの分泌もスムーズになります。

・体を冷やさない

血行を良くして体を冷やさないことは、女性のデリケートな体調をととのえます。
足先の冷えを改善する方法として足湯、半身浴を取り入れるのは効果的です。

 

・ストレスを溜めない

ストレスと女性ホルモンの関係は密接な関係です。
女性ホルモンを出す、視床下部・下垂体はストレスに弱く、ストレスを受け続けると女性ホルモンの分泌を減少させてしまいます。

リラックスできること、好きな音楽を聴く、映画を見る、入浴でリラックスするなど。

副交感神経が優位になることをすることでストレスを解消するのが良いです。

・体を動かす

体を動かすことでストレスの発散にもなり、血流も良くなり気持ちと体がリフレッシュします。
ヨガやストレッチ、ウオーキングなどで体を積極的に動かすのが望ましいです。

かかとの上げ下げで血液を脚から心臓に戻してあげる。
ふくらはぎの筋肉で血管をポンプのように挟み血液を押し上げる運動になります。

・ドキドキ・ワクワク感を

ドキドキやワクワク感はドーパミンを分泌し女性ホルモンのエストロゲンに良い影響があります。
ドキドキ感やワクワク感がある小説や映画を見る。
音楽を聴く、何か新しい趣味を始めるなどの日常生活に刺激をもたらすような生活をする。

以上のような事柄を実践して見ると女性ホルモンへの良い影響から、
日常生活にも張り合いが出て心、体のバランスとが取れて健康的になります。

3,ニオイを消す成分「ピロクトンオラミン」配合シャンプー

ニオイを消す成分「ピロクトンオラミン」

殺菌薬として利用される有機化合物。

商品名は「オクトピロックス」として販売されています。
ピロクトンとエタノールアミンから形成される塩。

殺菌薬として細菌や真菌に対する効果が高く、真菌症の外用薬として使われています。
また、フケ防止用シャンプーや育毛剤に有効成分として使われています。

常在菌の産生物質(菌のオシッコやウンチ)が汗や皮脂と混ざりニオイが発生します。

(通常は、皮脂の過剰分泌が菌の異常繁殖をさてしまうと臭いとして発生します。

通常皮脂が過剰に分泌されなければ、菌のおかげで肌や頭皮は保護されています。

程よい汗や皮脂の量の繁殖した菌は天然の保湿剤になるのです。)

ニオイを消す成分として「ピロクトンオラミン」を配合しているシャンプーの使用がニオイ対策に効果があります。
ピロクトンオラミンは常在菌に対して殺菌作用があり、また、抗酸化作用がありますので
フケ、かゆみ、ニオイに効果的です。

シャンプーの仕方注意点

①シャンプー前の予洗い

シャンプー前のすすぎは十分に髪の毛、頭皮をすすぐ。

この予洗いが十分にされると汚れの約7割が落ち、髪の毛の摩擦が起きなくスムーズなシャンプーができます。

②指の腹でマッサージしながら洗う。

頭皮をかゆいからといって爪を立てて洗ってしまうと頭皮を傷つけ、炎症の原因にもなります。

頭皮は指の腹で優しく洗う。

③シャンプーの洗い残しがないように丁寧にすすぐ、

シャンプーや皮脂の洗い残しが菌の栄養になり炎症の原因になります。

④ヘアトリートメントは頭皮につけないように髪の毛に塗布して丁寧にすすぐ。

⑤シャンプー後はすぐにドライヤーで髪の毛を乾かす。

濡れたままにしておくと頭皮、髪の毛の乾燥と、菌の繁殖の原因になります。

まとめ

頭皮のニオイ原因は、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化されて
ニオイの成分になっています。

ニオイの対策は食事、ニオイの元となる脂肪酸を多く含む食品は控えて、
抗酸化力をつける食べ物が効果があります。

ニオイを消すピロクトンオラミン配合のシャンプーを使うことで、
頭皮の改善、ニオイ菌を退治します。

食事とシャンプー、ストレス発散がニオイのない清潔な頭皮、髪の毛を作ります。

頭皮の悩み全て

ピロクトンオラミン配合シャンプー「コラージュフルフルネクスト」