クセ毛ケア対策と原因・くせ毛の特徴から解決法は?

なぜくせ毛になるの?原因は?

加齢が進行したり、頭皮環境が悪化すると皮膚内部の真皮に存在する線維芽細胞の細胞分裂が低下するため、本来常時産生されている3成分(コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン)
の生成量が少なくなるため、真皮組織の構造が大きく変化します。

真皮組織の厚みが薄くなったり、硬くなったり(水分量低下)シワがよったりします。

毛髪は真皮組織を土台として発生し表皮、毛穴を通って伸び成長していますが、
真皮組織が変化すると毛根や毛穴が圧迫されて歪んでしまうため、
毛髪の生え方に大きく悪影響し、
毛髪が寝てしまったり、ねじれたりして毛流やクセの状態が変わってしまいます。

くせ毛の特徴

くせ毛は毛根の形状に大きく影響を受けます。
毛根がすでに曲がった状態で存在している場合は髪の毛は曲がったまま伸び、
ねじれたくせ毛になります。

多くの日本人はこのタイプです。
このように曲がって生えてきたクセ毛は、毛髪内の水をはじくタンパク質と、
水を吸いやすいタンパク質の2種類ができています。

毛髪が水分を含むと、水を吸いやすい部分は伸びるが、水をはじく部分は伸びにくいというように、毛髪の中で伸び方の差ができてしまい、毛髪のうねりや縮となって現れます。

クセ毛の種類

人それぞれ持っているクセ毛の種類や特性、クセの強い箇所も異なっています。
また、これらの種類の異なったクセ毛が混在しているケースもあります。

顔まわりや生え際などは髪の毛が細く、部分的にクセが強い箇所もあります。

①波状毛

波状に大きなウエーブが出るクセ毛のことを波状毛と言います。
波状毛は一般的に柔らかい毛髪に多く見られます。

②捻転毛

うねりがスパイラル状に現れるクセ毛のことを捻転毛と言います。
捻転毛はフェイスラインや生え際などの髪の細い部分によく見られます。

毛髪の断面が楕円や扁平になっているためねじれが起こり、
髪の太さが不均一に感じます。

③縮毛

毛根の歪みによりランんダムに縮れたクセ毛のことを縮毛と言います。
縮毛はタンパク質の配列が不規則なため断毛しやすく、特に細い縮毛は注意が必要です。
髪の表面が凹凸しているため、手触りもザラザラしています。

くせ毛対策

ヘッドスパやスキャルプケアにより血行やリンパの流れを正常化し、
真皮組織の代謝を活性化させ、皮膚(頭皮)全体のターンオーバーを正常化させることにより
頭皮環境が健全にたもたれクセ毛の発生を抑えることができます。

頭皮全体のターンオーバーを正常化するには?

①頭皮のターンオーバー正常化にアミノ酸シャンプー

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が優しく頭皮を刺激しない界面活性剤を配合していますので、頭皮を乾燥させることなく潤いのある頭皮を保てます。
クセ毛の頭皮環境を整えるにはアミノ酸系シャンプーが向いています。

アミノ酸系シャンプー・「ラフィシャンプー」

両面界面活性剤
配合成分
ラウラミドプロピルペタイン
コカミドメチルMEA
特徴
高発泡性、低刺激性を有する両面界面活性剤。
アニオン界面活性剤との組み合わせにより、
優れた増粘・増発泡性を示す。
サロン帰りの美髪をご家庭で

②頭皮のターンオーバー正常化に頭皮美容液

シャンプー後に、頭皮美容液を塗布することで、
頭皮の潤いと栄養を補い頭皮環境を正常化します。

頭皮美容液で毛根の状態を改善し健やかな毛髪を成長する補助になります。
クセ毛の特徴は毛根の形のいびつな状態が原因ですので、乾燥や栄養不足になってしまいますと、いびつな毛根になってしまいますので、頭皮美容液を頭皮につけて優しく頭皮マッサージすることが良いです。

すこやか地肌

③薬用クセ毛用シャンプートリートメント

この薬用シャンプートリートメントは、髪の毛の水分不足からクセが出てしまうタイプの髪の毛に特化したシャンプートリートメントです。

クセが出る原因の一つに髪の毛内部の水分不足があります。
髪の毛内部に水分が不足している状態は空気中の水分を吸収し、湿った状態から自然乾燥をしてしまう事でクセが出るのです。

髪の毛内部に水分が十分な髪は空気中の水分を吸収しませんのでクセが出ずらい状態にあります。

髪に十分な水分補給をする薬用シャンプートリートメントの記事をもっと詳しく見る

【クイーンズバスルーム】

④縮毛矯正・ストレートパーマ

縮毛矯正・ストレートパーマは髪の毛がまっすぐになり、日常ではとても楽チンですが、
髪の毛のダメージが気になります。
特にアイロンの熱によるダメージは髪の毛のタンパク変性を起こしているので、
カットしない限り元には戻りません。

⑤ヘアアイロン

ヘアアイロンによるセットで髪の毛をまっすぐにヘアセットをするとクセが伸びて良いですが、
繰り返し毎日ヘアアイロンセットを続けていると髪の毛のダメージが起きてしまいます。

熱を使うヘアアイロンでのくせ毛を治す方法は、アイロンの温度に気をつけたいところです。
熱の作用は
110℃✖️10分間でもろくなる
180℃✖️10秒間でもろくなる

あなたのアイロン操作が同じ部分の髪の毛にどのくらいの時間がかかって操作しているかでアイロンの温度を設定しましょう。

アイロン操作の前にはアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)を髪の毛につけてからアイロン操作をすると熱や摩擦から髪の毛を保護します。

洗い流さない髪のトリートメント

まとめ

クセ毛を治す方法は頭皮の改善から、縮毛矯正、ストレートパーマ、アイロンセット仕上げなどが効果があります。

シャンプー、トリートメントの種類から頭皮美容液、アウトバストリートメントの使用で、
髪のダメージを抑え艶やかな美髪でクセ毛を治す方法を試してみる価値があります。