頭皮かさぶた改善対策

脂漏性皮膚炎の場合は、

皮膚科医に行く
マラセチア菌に効くミコナゾール硝酸塩入りのシャンプーに変えて見る。
「コラージュフルフルネクスト」

頭部白癬の場合は、

対策は、内服薬を服用する、保険適用ですので医師の診断に任せる。
やはり、菌が原因の場合は皮膚科に行き、医師の診断を受け医師からの改善対策を行うのが良いです。

接触皮膚炎の場合は

原因になる物質を取り除き、その物質との接触を避け、
皮膚科医に行く。ステロイド外用薬、抗ヒスタミン薬を内服。

パーマ、ヘアカラーが原因の場合は、

パーマ、ヘアカラーの後は、

頭皮が薬剤でアルカリ性になっているために、
頭皮が柔らかくなり頭皮のバリア機能を乱しているので、
1週間ほど弱酸性のアミノ酸シャンプーを使用して頭皮ケアをしてあげるのが良いです。

かゆみが伴っていますのでどうしても、爪で掻くことがあります。
悪化しますのでなるべく爪で掻かないようにしてください。

刺激の強いシャンプー

刺激の強いシャンプー高級アルコール系シャンプーを使用して頭皮が乾燥している場合は、
アミノ酸系シャンプーを使い頭皮ケアをしてあげるのが良いです。

洗い上がりは優しく、頭皮環境を整えてくれます。

アミノ酸系の中でもグルタミン酸系シャンプーが1番洗浄力が優しい洗い上がりです。

他にアラニン系、グリシン系などがあります。

頭皮のフケ、かゆみ用のシャンプー比較特徴の違いランキングを見て見る

食事の改善

バランスのとれた食事をするのが良いのですが特にビタミンB群の摂取は油を分解しますので意識して撮りたい栄養です。
カツオ、マグロ、バナナ、レバー、うなぎ、牛乳。

良質な睡眠

良質な睡眠は成長ホルモンの分泌をよくし、免疫力が上がりますので熟睡は大切です。
睡眠のシンデレラタイム夜10時から深夜2時までの間が成長ホルモンが多く分泌されると言われています。
この時間に睡眠に入っているのが望ましいです。

運動

適度な有酸素運動はストレス発散、血行をよくしますので
頭皮の改善になります。

頭皮にかゆみ、かさぶたができる原因

かさぶたの種類

白いかさぶた

炎症の後、患部の上にできる白っぽいかさぶたが出ている状態。

黄色いかさぶた

かゆみでかいだ時に皮膚表面に傷がつき、黄色ブドウ球菌の増殖によってさらにかゆみが増し、
リンパ液が出てきて頭皮が化膿している状態。

赤黒いかさぶた

頭皮のかゆみで引っ掻いて傷をつけたかさぶた、血液が固まって赤黒い色に見える。

脂漏性皮膚炎

白いかさぶた、黄色いかさぶた
頭皮皮脂の過剰な分泌で常在菌の異常繁殖が起き、かゆみが伴いできるかさぶたは、脂漏性皮膚炎が原因です。
皮膚の常在菌の「マラセチア菌」という菌が、
皮脂を餌にして繁殖しているために、皮脂の過剰な分泌がマラセチア菌を増殖させて、かゆみ、かさぶたを起こします。

脂漏性皮膚炎の原因対策についてもっと詳しく見る

頭部白癬

皮膚糸状菌というカビが原因で起きる感染症、水虫の原因菌と同じ菌。
放っておくと症状はどんどん悪化します。
頭皮に水虫ができた状態。
症状としては、フケ、脱毛。

外傷による頭皮を傷つけ、かゆみ、かさぶたになる場合

接触性皮膚炎

赤いかさぶた
接触皮膚炎は、外来物質(シャンプー剤、トリートメント剤、ヘアカラー剤、パーマ剤)などが接触した皮膚に現れる皮膚疾患で、
免疫反応に基づくアレルギー性接触皮膚炎と、非アレルギー性の一次刺激性接触皮膚炎に分類されます。
一次接触性皮膚炎は、化学物質などが肌に接触して起こる皮膚の炎症で、
アレルギー性接触皮膚炎とは異なり、免疫反応に基づかないため初回の接触でも皮膚反応を起こします。

接触性皮膚炎の発症
接触性皮膚炎は、刺激物質が接触した部位に、かゆみ、紅斑、落屑、丘疹などの炎症が現れることです。
一次性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎とは区別されます。

接触性皮膚炎の発症の違い

一次性接触性皮膚炎
・最初の接触で発症する。
・一時反応。
・接触したところのみ発症。
・1〜数日で治癒。

アレルギー性接触皮膚炎
・感作された後に発症する。
・免疫反応。
・接触したところ以外にも発症することがある。
・1〜数週間で治癒。

①アレルギー性接触皮膚炎
ある特定の成分が皮膚に接触した際に、蕁麻疹が出ることがあります。
漆が皮膚に接触した際に発症するかぶれは、アレルギー性接触皮膚炎です。
アレルギーとは免疫反応を介して初めて成立するものであり、免疫反応を介さない場合は、
炎症が似ていてもアレルギーと言わず、一次刺激性接触皮膚炎と言います。
アレルギー反応は免疫反応です。

②アレルギー反応のタイプ
第一型(即時型)
・アナフィラキシーショック、蕁麻疹
・アレルギー性鼻炎、気管支喘息など
第IV型(遅延型)
・アレルギー性接触皮膚炎

「かぶれ」とも言われ頭皮にアレルゲン物質が触れることで起こる病気です。
身の回りにある全ての物質が原因になります。
金属アレルギー、化粧品アレルギー、洗剤、医薬品など様々な物のアレルギー反応。

刺激の強いシャンプー


洗浄力の高いシャンプーでの洗髪から皮脂を落としすぎて頭皮が乾燥してかゆみが出て、
指で強く頭皮を掻きかさぶたになることもあります。
また、シャンプーの洗い残しによるかゆみから、頭皮にかさぶたができる場合もあります。

シャンプーしたのに頭がかゆい原因対策についてもっと詳しく見る

パーマヘアカラー後

パーマ剤(還元剤、酸化剤)やヘアカラー剤(アルカリ剤、酸化剤)は化学反応する薬剤なので、
頭皮に負担がかかります。
薬剤の強い刺激で頭皮の角質層を破壊し、頭皮を傷つけ、かさぶたになる。

まとめ

頭皮にかさぶたができたらまず初めに、
皮膚科医に行き医師の診断に任せてみる。

頭皮への刺激の弱いシャンプーに変えてみる。
食事、運動、睡眠などの日常生活でできることを行う。

皮膚トラブルを放っておくと完治するのに時間がかかりますので早めに皮膚科に行くことが良いです。

頭皮の悩み全て

頭皮かゆみ、フケ対策シャンプーに変えて見る。