女性の生え際が広くなり薄毛に!原因は!

女性の生え際の薄毛の原因は何?又、対策から薄毛は改善するのか?
検証してみました!

牽引性脱毛症(けん引せい脱毛症)

髪の毛が引っ張られることによって発症します。
髪の毛が長い人でポニーテールや束ね髪をしている人に見られます。
髪の毛が引っ張られることで前髪生え際が薄くなります。

FAGA男性型女性脱毛症

女性ホルモン減少から男性ホルモンが多くなり、男性型脱毛症を発症。

男性型脱毛症とは?

男性ホルモンが影響して脱毛が起きることを言います。
男性の場合は髪の毛が抜け続けて、ハゲていきますが女性の場合は、
髪の毛が細くなり髪の量は少なくなりますが、男性のようなハゲにはなりません。

女性ホルモン減少の原因は?

加齢

年齢を重ねるにつれて卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減少。

女性ホルモン減少更年期薄毛の記事を見る

ストレス

ストレスによって交感神経が優位になり自律神経の乱れから、血行不良を起こし毛母細胞に栄養が滞り抜け毛の原因を作り、
さらに女性ホルモンの分泌が滞ります。

生え際に直接刺激する薄毛原因は?

1.ドライヤーセットによる前髪薄毛

ドライヤーの熱で毛穴に直接熱い風が当たり頭皮の乾燥による毛根への刺激でダメージを受けて脱毛原因を招く。

2.ヘアセット劑による前髪薄毛

ヘアセット剤の多くは石油製品ですので、石油製品の成分による刺激での脱毛。

3.パーマやヘアカラーによる生え際薄毛

パーマ、へアヘアカラー剤の薬液の刺激が頭皮や毛根にダメージを与えて脱毛。

4.ファンデーション・化粧品の生え際に残り

市販で販売している製品や、チープなファンデーションは、
石油系の成分が配合されているものもあります。

香料、防腐剤、界面活性剤などの化学成分を含んでいることから、
アレルギーが原因でかゆみが出る場合もあり、抜け毛の原因になる場合もあります。

女性の生え際が広くなる薄毛に!対策は?

育毛関連商品を使ってみる

育毛関連商品は抜け毛に対する対策が研究開発されていますので一番に使ってみたいものです。

育毛シャンプーは育毛を誘導する頭皮環境を整え、頭皮トラブルを解決する商品です。

育毛シャンプーによって頭皮環境が整えたら、
育毛剤の使用で本格的な育毛を誘導するのが薄毛になった時の対処としては欠かせない方法です。

女性の育毛剤比較人気ランキング

牽引性脱毛症対策

髪の毛を束ねるのを止める事で、前髪、生え際の毛根への刺激がなくなり抜け毛は解決します。できればヘアスタイルも変えていくとより効果が早くなります。

ショートカットがベストです。
しばらくは髪の毛は生えてきませんが、育毛剤などを毛穴に指でマッサージするように塗布してあげる事で毛母細胞が活性化して数ヶ月後には髪の毛は生えてきます。

FAGA男性型女性脱毛症対策

ホルモン補充療法HRT
直接女性ホルモンを内服する方法と体に貼り付ける方法とがあります。
効果が高いのですが、副作用の心配があり普及率が低いです。

食事から女性ホルモンの元となる食品から摂取する方法。

大豆イソフラボンの大豆食品はエストロゲンと似た働きをしますので
積極的にとってほしい食品です。

納豆、豆腐、豆乳、などの大豆食品。

サプリメント
サプリメントの利用は手軽に栄養を摂取できお手軽です。

加齢による生え際の薄毛対策
加齢による女性の薄毛は女性ホルモンの減少が原因で起きる症状ですので、
女性ホルモンを補う対策が効果的です。

FAGAの対策と同じですが、食品からエストロゲンの働きをする
大豆食品が効果的です。

生え際に直接刺激する抜け毛対策

ドライヤーセット

ドライヤーでヘアーセットするときに前髪の根元にドライヤーの熱が当たりすぎて、
毛穴が乾燥し抜け毛の原因になりますので、ドライヤーをかける時には、熱の当て方に注意しましょう。

セット剤

ヘアーセット剤の多くは石油を原料にしているものが多いので、
地肌にはつけないようにし、できれば天然成分のへアーセット剤を使うのが良いです。

パーマ・ヘアカラー

パーマやヘアカラーの頻度を下げる、頻繁にパーマやヘアカラーをしていると頭皮に負担がかかり、
炎症を起こす場合もあります。
パーマやヘアカラーの頻度は2ヵ月は開けた方が良いです。施術後は頭皮はアルカリ性に傾いていますので、
弱酸性のシャンプー(アミノ酸シャンプー)を使い、ヘアトリートメントもされて髪の毛と頭皮をケアしてあげることが良いです。

生活習慣原因の薄毛対策

睡眠

十分な睡眠は成長ホルモンを分泌しますので、毛母細胞の活発な作用を促しますので
髪の育毛から発毛につながります。
寝る時間は睡眠のシンデレラタイムと呼ばれる夜10時から深夜2時までの間は寝ているのが理想です。

 

十分な睡眠で熟睡できるとストレス発散にもなりますし、髪の毛、肌にも良いです。

栄養

髪の毛に必要な栄養が足りていないと太くて若々しい髪の毛が生えてきません。
髪の発毛に必要な栄養素は、

・たんぱく質、肉、魚、卵、牛乳、乳製品、

・ビタミンC,ビタミンB群、ビタミンE,

・亜鉛,牡蠣、

・イソフラボン、大豆製品、納豆、豆腐、豆乳、

運動

有酸素運動が効果的でウオーキングなど、
血液を循環させるには、ふくらはぎの運動が効果があります。

ふくらはぎは筋肉のポンプのような動き(ミルキングアクション)で血液を下の足から心臓へと送りますので、
ふくらはぎの運動は欠かせません。

かかとの上げ下げはふくらはぎの運動に良いです。
ふくらはぎのマッサージも効果的です。

女性ホルモンバランスを整える生活習慣

毎日決まった時間に起きる。

規則正しい生活は、ホルモンと自律神経の視床下部を、安定させて働かせる。

三食食事をとる

朝食はきちんと食べる。
少しでも良いので朝の食事をする、せめて豆乳を飲んだり、トーストにヨーグルトに、

きな粉をプラスするだけでも良いです。

朝日を浴びてストレッチ

目覚めて時には体は副交感神経になっていますので、
太陽の光を浴びながら行うと、体内時計も整いストレッチなどして、活動のための交感神経に体をスイッチ入れましょう。

1日の終わりに浴槽に浸かって自律神経を日中の交感神経からリラックスする、
副交感神経にチェンジしホルモンバランスを安定させ睡眠に入る準備をすると熟睡できます。

女性の薄毛を改善する5つの対策