見た目マイナス7歳になる髪のボリュームアップ方法

髪の毛のボリュームがなくなりヘアセットが決まらない!

ボリュームがなくなると髪のハリ、コシがなくなり顔は老け顔になります!

この原因と対策は2つの方法で解決できます。

1つめは、髪のセットの工夫でボリュームをつけてセットする方法。
2つめは、髪の毛、頭皮の根本的な改善でボリュームを出す方法。

ベテラン美容師が日常使うテクニックを披露し、髪の毛のボリュームがなくなる頭皮の状態を
詳しく納得のいく説明をします。

髪のボリュームアップ テクニック編

①ドライヤーのかけ方

シャンプー後にドライヤーで髪の毛を乾かすテクニックは、ヘアセットで仕上げる方向と反対側から髪の毛の根元に温風を当てます。
そのあとに、仕上げる方向に髪の毛を手でとかし髪の根元に温風を当てます。

②セット剤の付け方

セット剤を手のひらに付け、指の間にも付けて髪の根元に付けていきます。
最初に仕上げる反対方向の根元に付け、次に仕上げる方向に髪の毛をとかしながらセット剤を付けます。

最近新発売された商品、ミルボンさんの「プラーミアボリュームマイザー」「ボリュームマイザープラス」という
髪の毛を立ち上げるムース状のセット剤が発売されました。

このボリュームを出すセット剤は、髪の立ち上がりをつけてくれるセット剤です。

美容室で販売しています。




ボリュームマイザーを見る

頭頂部の髪の毛のボリュームダウンの原因は、

①頭皮のハリの低下

頭皮のハリを支えるコラーゲン(頭皮の厚み)エラスチン(弾力)ヒアルロン酸(潤い)は、
年齢を重ねるにつれて減少します。

頭皮のハリが低下すると、側面や後頭部がたるみ、頭頂部は引っ張られます。

その結果、頭頂部の毛穴が広がるため、毛髪が倒れやすくなり、
ボリュームダウンにつながります。


②頭皮の硬化(筋肉の収縮)

頭の上部には筋肉はなく、頭蓋骨の上に貼り付いている「ぼうじょうけんまく」という膜に頭皮が乗っています。
「ぼうじょうけんまく」は前頭筋、側頭筋、後頭筋とつながっています。

これらの筋肉が萎縮すると、「ぼうじょうけんまく」が引き伸ばされ、上部の頭皮は突っ張られることで、薄くなり硬化しています。

また、頭皮自体のハリや血流量が低下したり、毛髪の成長が阻害されることにも影響します。

頭と顔は一枚の皮でつながっているため、「ぼうじょうけんまく」が引き伸ばされると
顔の輪郭がたるんできます。

③毛根部(毛包)周囲の毛細血管の萎縮

毛根部周囲には、太い毛細血管が張り巡らされています。
しかし、年齢とともに女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、毛根部周囲の毛細血管が萎縮してしまいます。

この結果、毛根部への血流量が低下するため、髪の毛の成長に必要な栄養が充分に行き届かなくなり、髪の毛が細く、短くなって、ハリ、コシの低下になっています。

髪の毛のボリュームを出す髪の毛と頭皮改善

①②③の原因の対策として、頭皮のマッサージをして、柔らかい頭皮を保ち頭皮の厚み、
弾力、うるおいを増やして、血行を促し、毛髪(毛包)に十分な栄養を届けることが大切です。

具体的な方法として、シャンプーや育毛剤の使用で効果が期待できます。

頭皮のたるみが老け顔になる原因、見た目年齢マイナス7歳になるにはハリのある頭皮と髪の毛!

アミノ酸シャンプーの一覧を見る

女性用育毛剤の人気ランキング

男性用育毛剤人気ランキング