突然ですが、あなたは秋の抜け毛に気になり出していませんか?
掃除をしてもすぐに髪の毛が落ちている、
お風呂の排水溝が髪の毛で詰まったり、
枕についている抜け毛が多い。

実は1年の中で秋が一番抜け毛が多くなる季節。
なぜ?秋は抜け毛が多くなるのか、抜け毛を抑える対策は?
一体いつまで抜け毛が続くのか?

この記事では、秋の抜け毛が気になり出している人に向けて原因、抜ける期間はいつまで、秋の抜け毛の対策などを説明しています。

では参りましょう。

秋の抜け毛の期間はいつまで?

秋の抜け毛始まりは9月ごろから11月ごろまでが多い!?

夏のおわり、9月ごろから徐々に抜け毛が目立ち出し、
11月ごろまで続きます。

9月頃は、夏の暑さで体は疲れていて、さらに頭皮は春から夏の紫外線で日焼けが真皮まで到達しています。

更に、夏の食欲不振、寝不足などでも毛包細胞が痛み、栄養不足になっていますので抜け毛が始まります。

この状態が9月ごろから抜け毛が始まる理由になります。
11月頃になるとヘアサイクルも元に戻りだして落ち着くでしょう。

秋の髪の毛は植物で例えると、乾燥して枯れてきている状態。
この状態では髪の毛は抜け落ちてしまいます。

秋の抜け毛は9月ごろから11月ごろまで続きます。

秋の抜け毛対策。項目別まとめ

夏の食欲不振が秋の抜け毛に、毛根の栄養不足を補うビタミンB,亜鉛、たんぱく質

夏は暑くて食欲が落ち、ついつい冷たい麺類を食べる機会が多くなり、
麺類ばかり食べていると、栄養が偏ります。
麺類は炭水化物なので髪の毛に必要な栄養、ビタミンB群、たんぱく質、
ミネラル(亜鉛)などの栄養不足による髪の成長を助ける栄養分が不足。

食事はビタミンB群、ミネラル、たんぱく質などをバランスよく摂ることが髪の栄養補給になります。

ビタミンB1不足になると体内に摂取された、栄養をエネルギーに変換できにくくなります。
ビタミンB1は、豚肉、大豆、うなぎ、玄米、ほうれん草、ゴマなどに多く含む。

殺菌力と疲労回復効果のある栄養成分アリシン(ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎ、生姜など)を含む食品と一緒に食べるとビタミンB1の吸収率がアップ!

クエン酸(レモン、グレープフルーツ、オレンジ、梅干しなど)
疲労の原因となる乳酸を排出する機能があります。

食欲の秋、食べ物が美味しい季節、夏の偏った食事で栄養不足になっている頭皮と体をバランスのとれた食事で、抜け毛をストップ!

夏の食欲不振から髪の毛も体も栄養を欲しがっている!
秋の抜け毛対策にはビタミンB群、ミネラル、たんぱく質などをバランスよく摂取することで、秋の抜け毛を早く解決できます。

サプリメントで補うのも手軽で便利かも。

夏の寝不足による免疫力低下から秋の抜け毛、熟睡で抜け毛を改善する

夏は寝苦しく熟睡できずに、寝不足になりがちです。
睡眠が十分に取れないと、慢性的な疲労も取れず体の免疫力も落ち髪の成長に悪影響。

髪の毛は夜寝ているときに(夜10時から深夜2時まで)成長ホルモンが生成され、髪の育毛に効果が期待されます。

寝不足が続くと、髪の毛もバサバサになり髪のハリやコシもなくなってしまった経験はありませんか?

髪の毛も人体と同じで、寝不足だと髪の毛も疲れていて、ヘアーセットも決まらずに、ボリュームのないペタンコの髪型に!

秋の抜け毛が多くなる季節でもありますが、熟睡もしやすい季節です。

秋の食欲と、熟睡で抜け毛をストップさせましょう!

夏の寝不足から秋の抜け毛につながる関係を、熟睡して抜け毛を止める!

夏の紫外線が頭皮を乾燥させる、アミノ酸シャンプーでケア

夏の紫外線によって頭皮が乾燥し、表皮、真皮のダメージで髪の毛が抜け落ち、痛んだ頭皮を回復するには刺激の少ないアミノ酸シャンプーが頭皮に良いです。

なぜ?アミノ酸シャンプーが良いのか?

アミノ酸シャンプーは、薄毛や頭皮のトラブルで悩んでいる人に向けたシャンプー、夏の紫外線で真皮まで傷んでしまった人には救いのシャンプー!

アミノ酸シャンプーのメリット5点!

①頭皮、毛髪に刺激が少ない
②洗浄成分が優しい
③天然成分豊富
④頭皮環境を整える成分配合
⑤育毛成分配合

頭皮環境を整える成分と、育毛成分配合はアミノ酸シャンプー全部に配合されているわけではありません、比較してみる必要があります。

当サイトのアミノ酸シャンプー比較記事を見る

夏の紫外線で痛んだ頭皮を修復するアミノ酸シャンプーは抜け毛を止める大切なシャンプー。

秋の抜け毛対策に育毛剤で毛根に栄養を

夏の紫外線、睡眠不足、栄養不足から髪の毛は抜けて行きます。
秋は一年で一番抜け毛が多くなる季節。

直接毛根に育毛剤を塗布するのは効果があります。
栄養不足になっている毛根、乾燥している頭皮には保湿性と育毛成分が配合されている育毛剤が一番。

夏の紫外線による頭皮の乾燥、真皮のダメージで髪の毛が抜ける状態を止めるには、直接頭皮に育毛効果のある育毛剤を塗布するのが効果的。
育毛剤には、頭皮の炎症を抑える成分や血行促進、保湿効果など頭皮、毛母細胞に良い成分が配合されています。

夏の紫外線や、睡眠不足、栄養不足などで抜け毛になったら育毛剤で解決するのが効果的。

当サイトの女性用育毛剤比較ランキングを見る

育毛剤比較ランキングを見る

強い夏の紫外線が秋の抜け毛原因に!

紫外線を浴びると、頭皮はダメージを受け正常な機能を果たせなくなります。

細胞がダメージを受けると、基底細胞は早く修復しようとターンオーバーのスピードを速めてしまいます。
その結果、多くの未熟で不完全な細胞を生み出してしまい、バリア機能や保湿機能が低下します。

頭皮全体がダメージを受け、特に髪の分け目部分は紫外線で強く日焼けし、頭皮が赤くなって乾燥し抜け毛がはじまります。

紫外線とは!?

太陽光線にはには可視光線と紫外線・赤外線が含まれますが、
紫外線は可視光線よりも波長が短く、強いエネルギーを持ちます。
そのため肌や毛髪に照射されると様々な悪影響(ダメージ、脱色、日焼け)を起こします。
紫外線の種類は波長により3種類に分けられる。

以下の分類は気象庁の定義です。

紫外線の種類は
分類
UVC  波長 100~280
オゾン層などで吸収され、地表には到達しない。
強い殺菌効果があり、生体に対する破壊性が強い。

UVB 波長280~315
ほとんどは大気圏などで吸収されるが、一部は地表へ到逹し、
皮膚や目に有害な影響を与える。
太陽からの日射に占める割合(地表に届く割合)は
0,5%程度。表皮で大部分が吸収・散乱され真皮までは
到達しない。紅斑またはサンバーンと呼ばれ、肌が
ヒリヒリと赤くなるような炎症を引き起こす。
皮膚ガンの原因になるとも言われている。

UVA 波長315~400
大気による吸収をあまり受けずに地表に到達する。
UVBほど有害ではないが、長時間浴びた場合の健康
影響が心配される。太陽からの日射に占める割合
(地表に届く割合)は5~6%程度。
UVBに比べて皮膚透過性が高く、真皮(皮膚内部)
への到達も多い。日焼け後すぐに黒くなる現象
(サンタン)を引き起こす。

このような人体への影響がある紫外線を頭にたっぷり浴びると、
頭皮への悪影響から抜け毛が引き起こされます。

紫外線対策

紫外線は1年の中でUVA・UVBとも4〜9月まで強い時期が続き、
特に6・7月のUVBは冬の4倍以上になります。

また、1日の中では9時ごろから急激に増え始め、正午前後が最も強く、
午後3時ごろまではかなりの量の紫外線が降り注ぎます。

紫外線対策は真昼の外出は控え、外出するときには、
帽子をかぶる、日傘を指すなどでの
紫外線対策は効果があります。

日傘はUVカットをしてある黒い色の日傘が効果があります。
黒い色は紫外線を98%遮断します。

最近はUVカットのへケア商品がいっぱい出回っています。
髪の毛にはUVカットのヘアスプレーをかけると効果的です。

紫外線の対策は、外出はできるだけ避けて帽子や日傘UVカット商品を使うのが良いです。

まとめ

秋の抜け毛は9月ごろから11月ごろまで続きます。
原因は夏の疲れ、栄養不足、睡眠不足、紫外線による損傷など、
対策は、ビタミンB群の多い食べ物バランスのとれた食事、
十分な睡眠。

紫外線による損傷の手当に、アミノ酸シャンプーと育毛剤の使用で
頭皮、毛根の回復を促す。