突然ですがあなたは頭皮マッサージをされていますか?
頭皮マッサージはいいことばかりなんですよ、知ってました?

頭皮マッサージは薄毛の改善、お顔もリフトアップして見た目マイナス7歳若返り、いいことづくしです。

どうして頭皮マッサージをすると、薄毛の改善、お顔のリフトアップ小顔になるのか?
シャンプーの仕方から頭皮マッサージまで、わかりやすくどこよりも詳しく丁寧に
ご説明します。頭皮マッサージで若返りに
興味があるかもという人に向けて、この記事を書いています。

それではまいりましょう!

なぜ?頭皮をマッサージしてあげると、薄毛の改善になるのか!?

頭皮の老化現象が薄毛の一つの原因から見てみる頭皮のたるみ。

肌と同じように、内的要因や外的要因により、頭皮の状態も悪化します。

多くの人は年齢とともに、頭頂部の毛髪のボリュームダウンの要因は、

次の3つの原因がおもです。

①頭皮のハリの低下、

②頭皮の硬化、

③毛根部(毛包)周囲の毛細血管の萎縮、が原因と考えられます。

①頭皮のハリの低下

頭皮のハリを支えるコラーゲン(=頭皮の厚み)、エラスチン、(=弾力)、
ヒアルロン酸(=潤い)は、年齢を重ねるにつれて減少します。

頭皮のハリが低下すると、側面や後頭部がたるみ、
頭頂部は引っ張られます。

その結果、頭頂部の毛穴が広がるため、毛髪が倒れやすくなり、
ボリュームダウンにつながります。

対応としては、

頭皮の厚み、弾力、潤いを(育毛剤など)増やして、頭皮のハリを取り戻すことです。

②頭皮の硬さ(筋肉の収縮)

頭の上部には筋肉はなく、

頭蓋骨の上に張り付いている帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)
という膜に頭皮が乗っています。

帽状腱膜は前頭筋、側頭筋、後頭筋とつながっています。
これらの筋肉が萎縮すると、帽状腱膜が引き伸ばされ、
上部の頭皮は突っ張られることで、薄くなり硬化してしまいます。

また、頭皮自体のハリや血流量が低下したり、
毛髪の成長が阻害されることにも影響します。

頭と顔は一枚の皮でつながっているため、

帽状腱膜が引き伸ばされると、
顔の輪郭がたるんでくると考えられます。

対応としては、顔の筋肉をほぐして、

柔らかい頭皮を保つことです。
それには、やはり頭皮マッサージは大切ですね。

③毛根部周囲の毛細血管の萎縮

毛根部周囲には、太い毛細血管が張り巡らされています。
しかし、年齢とともに女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、
毛根部周囲の毛細血管が萎縮してしまいます。

この結果、毛根部への血流量が低下するため、
毛髪の成長に必要な栄養が十分に行き届かなくなり、
毛髪が細く、短くなって、ハリ、コシの低下につながります。

対策としては、血行を促し、毛髪に十分な栄養を届けることです。

食事による栄養の補給、育毛剤による栄養の補給が良いです。

薄毛に効果ある食べ物の記事です。

頭皮マッサージは小顔に、お顔のリフトアップになる!?

頭と顔は1枚の皮で繋がっているため、帽状腱膜が引き伸ばされると、
顔の輪郭がたるんでくると考えられます。
対応としては、頭の筋肉をほぐして、やわらかい頭皮を保つことです。
頭皮が1ミリ下がるとお顔が5ミリ下がると言われています。
顔が5ミリ下がると、胸やお尻は数センチ下がります。

頭皮が顔や胸、お尻まで1枚の皮でつながっていることで、
頭皮マッサージが薄毛や顔のリフトアップ、
ボディシェイプアップまで効果が出る可能性があります。

頭皮が顔や体のたるみまでに関係位しています。

頭皮を弾力ある状態に保ち若々しい顔、ボディにするには、

頭皮マッサージが大切ですね!

アンジュアンジュ

 こんにちはアンジュです。
頭皮マッサージって薄毛や顔、ボディの若返りに関係していたんですね!

育毛兵ちゃん育毛兵ちゃん

 そうですね!
私の頭皮も硬くなっていったときから抜け毛で薄毛になっていったなぁ

顔もシワが出てきて老け顔に・・・

マユマユ

 さらに頭皮と顔が一枚の皮でつながっているから、
頭皮マッサージが顔のリフトアップにもなるなんて知らなかった!
見た目マイナス7歳!?早速頭皮マッサージやらなきゃ!

アンジュアンジュ

 頭皮マッサージは5分ぐらいがいいですよ、
優しく頭皮に傷がつかないように、育毛剤を塗布してマッサージすると
効果が倍増です!

頭皮マッサージ手順

①広げた両手のひら全体で頭(耳の上あたり)の両側をしっかり押さえ、
そのまま、はさむようにゆっくり上げていきます。

②上げたら数秒間制止させ、今度は、ゆっくりゆっくり両手の力を緩めていきます。
これを3~5回繰り返します。

③両手の指の腹で頭の両サイドを押さえて、円を描くように頭皮をゆっくり動かします。
全体にまんべんなくこれを繰り返し、マッサージします。

④最後に、全体を指先でリズミカルにタッピングします。(タッピングとはバレーボールのトス
をあげるような感じで指先で頭を軽くトントンと、バネをきかせて叩く感じ。)

血行を促進させ、頭皮の新陳代謝を良くすることがスキャルプマッサージの基本です。
おふろあがりや育毛剤を塗布した後に行うとより効果的です。

 

頭皮ケアアドバイス

①正しいシャンプーの仕方

1,予洗いを十分に行う
シャンプー剤を塗布する前に、たっぷりのお湯で頭皮と毛髪を、
よく湿らせておくことで、頭皮や毛髪に必要以上に摩擦が起きにくくなり、
汚れが落ちやすくなります。

2,手のひらでシャンプー剤をよく泡だて、
指の腹で頭皮全体にまんべんなくマッサージを行う。
かゆくても(気持ちいいからといって)、
爪を立てたり、強くマッサージしないことが基本です。

3,洗髪後、シャンプー剤が残らないように、
たっぷりのお湯で、丁寧にすすぐ。
すすぎ残しが多いのは、耳の後ろや生え際などです。

すすぎ残した皮脂や汗などを栄養にして細菌が繁殖し、
頭皮の炎症につながります。
細菌や雑菌は頭皮皮脂や汗が餌です。

4,ヘアートリートメント剤は毛先を中心になじませ、頭皮につけない。
毛髪専用のヘアートリートメントは、毛先中心になじませ、ヘアーマッサージします。
この時、頭皮につかないように気をつけましょう。

頭皮用トリートメントなどは、頭皮になじませた後、マッサージし、
シャンプー剤同様、最後はしっかり流します。

シャンプーの後、頭皮の皮脂量は6~24時間で元の量に戻ります。
ベタ付きやすい場合はシャンプーの回数を増やしたり、
指の腹で念入りにシャンプーマッサージし、乾燥している場合は、
刺激の少ないシャンプー剤を使用し、回数を減らしましょう。

おすすめのシャンプーについてもっと詳しく見る

③パーマ、ヘアカラーの頭皮への影響

パーマ剤(還元剤、酸化剤)やヘアカラー剤(アルカリ剤、酸化剤)は、
化学反応する薬剤なので、毛髪や頭皮に負担がかかります。

アフター処理などで元の状態に戻していきますが、やはりパーマやカラーリング後、
1週間ぐらいはフケ、かゆみが出やすくなります。
このような頭皮のコンディションを整えるためにもスキャルプ(頭皮)
ケアをオススメします。
「ヘアカラー剤による(かぶれ)」は別物なので、
皮膚科専門医に相談する必要があります。

パーマやヘアカラーによる抜け毛原因についてもっと詳しく見る

④ヘアスタイルと脱毛の関係

まとめ髪(ポニーテールなど)で、いつも同じスタイルをされていると、
時々生え際の薄毛や脱毛が見られます。
いつも後ろにかき上げてまとめ髪にされている方には、スタイルチェンジなどをして、
頭皮への負担をやわらげてあげましょう。

また、寝相の悪い場合よくある例ですが、シーツと頭頂部の摩擦によって
局部的に毛髪が成長しないこともあります。

まとめ

①頭皮と顔や体が1枚の皮で繋がっているために、

頭皮のたるみが顔やボディのたるみになる。

②頭皮に良い食べ物と、育毛剤を使い頭皮に栄養を送る。

③正しいシャンプーをした後に、育毛剤をつけて、

頭皮マッサージをしてあげる。

おすすめ育毛剤についてもっと詳しく見る