突然ですがあなたは分け目が薄毛になってませんか?
髪の分け目は長年同じところで別れるために、
紫外線や、パーマ、ヘアカラーなどの外部からの影響をもろに受けます。

さらに加齢やストレス、産後、ダイエットなどの影響が大きく受けてしまいます。
少しでも分け目の薄毛の改善になれば良いなと思い記事を書きました。

対策に、
食事、サプリメント、頭皮マッサージ、
睡眠、入浴、
育毛ヘアケア商品
薬などの方法で分け目の薄毛が改善する記事に興味があるかもという人に向けて!

ではまいりましょう。

分け目はげ原因は!?

①紫外線
②湿疹
③パーマ、ヘアカラー
④ストレス
⑤加齢
⑥産後
⑦ダイエット

①紫外線

紫外線を浴びると、表皮、真皮はダメージを受け、
正常な機能を果たせなくなります。
紫外線は活性酸素を生成し、皮膚細胞を傷つけることにより、
肌の弾力や潤い感がなくなり、老化現象を引き起こします。
また、皮膚が老化するとターンオーバーのサイクルが長くなり、
固く暑い皮膚へと変化していきます。

頭皮が紫外線により、傷つき頭皮が硬くなってきて、
血流量が低下し、毛根部への栄養補給が十分ではなくなり、
髪が弱くなり脱毛へとなっていきます。

②湿疹

頭皮の湿疹は雑菌が原因によります。
多くはマラセチア菌という雑菌です。
マラセチア菌は皮膚に普段から存在する常在菌で、
皮脂や汗を餌にして異常増殖すると炎症を起こします。
炎症を起こした頭皮はフケやかゆみ、抜け毛といったことが起きます。

③パーマ、ヘアカラー

パーマやヘアカラーは薬剤による頭皮の損傷を起こした時に、
炎症を発症させます、接触性皮膚炎を起こします。
パーマ、ヘアカラーにようる脱毛の詳しい記事を見る。

④ストレス

血管に分布している交感神経は、血管を収縮させる作用があり、
副交感神経は、血管を拡張させる。
強いストレスを受けると、
交感神経が過剰に働いて血管をちじめてしまいます。
頭皮の毛細血管も、このストレスの影響で収縮してしまうので、
髪を作り出す毛母細胞への栄養補給が滞りがちになります。

⑤加齢

加齢変化は休止期の毛の割合が増え、成長期が短くなるために、
頭全体に毛の数が減少します。

また、髪が細くなり、地肌が見えやすい状況です。
頭頂部の髪の分け目が広がったことや、
ひたい角の毛量が少なくなったことに気付きやすくなります。

さらに加齢変化として、皮脂分泌が減少し、
髪のツヤが失われ、ハリがなくなり、髪がぺしゃんこになって、
地肌が目立ったり、抜け毛になります。
女性ホルモンが減少し、脱毛が始まります。

⑥産後

産後の抜け毛は、女性ホルモンが急激に減少することや、
子育てのストレス、
睡眠不足、
栄養不足などが挙げられます。

⑦ダイエット

過度のダイエットは体が栄養不足になり、
頭皮の毛母細胞に十分な栄養が行き届かなくなり、
血流量が低下し抜け毛を招きます。
食事制限をすることによるストレスも原因になります。

分け目はげの対策!

①食事、サプリメント
②頭皮マッサージ
③睡眠
④入浴
⑤育毛ヘアケア商品
⑥薬

①食事、サプリメント

最近は欧米流の高カロリーな食生活による
抜け毛薄毛のトラブルが増えています。
脂肪の多い食生活を続けていると皮脂腺が広がり、
抜け毛の原因になります。

野菜、魚中心の食生活にビタミンB群、ミネラル、亜鉛、等の食品を
摂りバランスの良い食生活を心がける。
ビタミンB群や亜鉛といった栄養はサプリメントなんかで補うのも良いです。
また、海藻類、特に日高三石昆布には髪の育毛成分が豊富に入っていますので、
積極的に摂ると良いです。育毛剤の中には日高昆布のM-034という成分を、
使っている育毛剤も人気があります。
また、産後や加齢による薄毛には女性ホルモンを補うイソフラボンの豊富な、
豆腐、納豆、大豆飲料、きな粉、油揚げ、唐辛子の摂取が効果あります。
唐辛子と大豆を食べて薄毛を治す記事を見る

②頭皮マッサージ

頭皮を前後に動かす頭皮マッサージで、
育毛に必要な血液をすみずみまで行き渡らせる。
・両手の指を組み合わせて頭頂部に乗せ、
手のひらで頭皮を挟むように掴み動かす。
髪の表面で動かすのではなく、しっかりと頭皮を挟んで、
上下に動かす。
そのまま後頭部に手をおろし、左右の親指で首筋の上のツボを、
5秒間押して、離す。
・脱毛予防に効果的なツボ
ツボ刺激も効果的です。
百会、風池、天柱、の3箇所のツボは
脱毛予防に効果があります。
頭皮マッサージで薄毛改善小顔になるの記事を見る

③睡眠

人は睡眠中に体の修復をしています。
髪の毛、頭皮も日中に受けるダメージも睡眠中に修復します。
体に溜まったっ活性酸素を取り除くのも寝ている間にしています。
寝る行為はこの活性酸素を除去すために寝ています。
睡眠不足になると自律神経の働きが乱れ、
成長ホルモンが減少し、抜け毛も増えてきます。

免疫力を高めるシンデレラタイムに寝ることが大切です。
夜10時ごろから深夜2時ごろに新陳代謝が活発になり、
年齢に関係なく最も成長ホルモンを分泌させる時間帯と言われています。
夜10時ごろに寝るのが効果的です。

とはいっても、日本人の約21%が不眠に悩んでいます。
成人の5人に1人、1,500~2,000万人の人が不眠に悩んでいます。
(厚生労働省調べ)
早く寝ることができない人には切実な問題です。
眠りの詳しい記事に、
不眠を改善に興味があるかも?という人はこちらをご覧ください。

④入浴

入浴は心身のリラックスを誘い、睡眠にも入りやすく、
ストレスの緩和にもなります。
血行も良くなり頭皮の毛母細胞に栄養を運びやすくなります。
抜け毛対策の基本みたいなものです。
入浴を楽しむことが全てにおいて効果的です。

⑤育毛ヘアケア商品

抜け毛対策に、食事、サプリメント、頭皮マッサージ、睡眠、
入浴等いろいろなことを実践し、身体、頭皮を健康で髪が生える
土台作りをしてから、育毛シャンプーや育毛剤を使うことが、
より効果が期待できます。
当サイトでは育毛剤の比較記事を書いています。
育毛剤新成分比較記事に興味があるかもという人は、こちらをご覧ください。

フィンジア

980円訴求バナー

 

⑥薬

パントガール
世界で初めて女性の薄毛の薬として効果が認められた、
飲むタイプの育毛薬、パントガール。
海外では30年以上の歴史がある育毛薬で、
主にびまん性脱毛症の治療で処方されます。

成分
1粒あたり
パントテン酸カルシウム 60 mg、L-シスチン 220 mg

その他の成分
セルロース、ポビドン、タルク、ステアリン酸マグネシウム、シリカ、ゼラチン、着色料 二酸化チタン(E171)・酸化鉄(E172)

副作用
発汗、頻脈、頭痛、消化管の軽度の障害、
かゆみやじんましんなどの皮膚症状が報告されています。

入手方法は、輸入代行

オオサカ堂でパントガールを見る

デュタステリド(0,5mg)
アボルブのジェネリック医薬品AGAに効果。

まとめ

分け目のはげ、原因は様々ですが日常の生活習慣を工夫し、
お金をかけずにできる事はたくさんあります。
食事や入浴、睡眠の改善ができれば、日々の生活も健康的で、
楽しい毎日を過ごせるのではないでしょうか。
必要最低限のシャンプー、育毛剤の使用には回復までは自己投資として、
捉えあなたに効果が出る育毛ヘアケア商品を見つけましよう。
当サイトでは育毛剤の新成分を使用し、
効果が期待できる育毛剤を比較している記事があります。
参考にしていただければと思います。