キャピキシル

キャピキシルとは育毛成分の一種です。

ミノキシジルと比べても3倍の効果があると言われ、
期待が寄せられています。

キャピキシル有効成分
ビオカニンA(ムラサキツメクサ)の効果

キャピキシルには2つの有効成分があります。
そのうちの一つ、
「ビオカニンAレッドクローバーエキス)

レッドクローバーとはヨーロッパ原産のハーブの一種で、
古来からぜんそくやガン湿疹といった肌の疾患のケアに使われて来たそうです。

日本では「ムラサキツメクサ」「アカツメクサ」などと呼ばれています。

このレッドクローバーから抽出された「ビオカニンA」という物質に、育毛、発毛への
大きな効果が期待されています。

ビオカニンAとは?

イソフラボンの一種で、女性ホルモンと似た働きと構造を持っています。
ビオカニンAの働き
「5-αリダクターゼ」の抑制。

男性型脱毛症の大きな原因のひとつに、
男性ホルモンのテストステロンが、
「5−αリダクターゼ」という酵素によって強力な男性ホルモン
「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変性してしまうというのがあります。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、
毛乳頭細胞に悪影響をおよぼし、
髪の成長サイクルを阻害することで薄毛が進行してしまいます。

このDHTが生まれるきっかけである「5−αリダクターゼ」の働きを、
抑制することでDHTの生成量を減らし、薄毛の原因を潰すことができます。

炎症性サイトカインを減少させる。
炎症性サイトカインとは?

サイトカインとは免疫システムの細胞から分泌される、
細胞間の情報を伝達する物質のことで、
そのなかでも炎症を引き起こす性質があるものを
炎症性サイトカインといいます。

炎症性サイトカインは男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)、
化学物質、紫外線、内的・外的ストレス、
加齢などで分泌が増加するといわれています。

ミノキシジルをはじめ、副作用の心配がされてきました。
しかし一方でキャピキシルの場合は副作用の心配がありません。

キャピキシル実験

AGAに悩む30名の男性を集めました。(平均年齡46歳)
そのうちの15名には「5%濃度のキャピキシル」

別の15名には「プラシーボ(偽薬)」を処方。
どちらのグループにも「1日20滴」を患部に塗りこんでもらい、
0日目と4ヶ月後で髪の状態を比較しました。

その結果

成長期の髪が増え、休止期の髪が減りました。
成長期の髪の密度が13%アップ!

休止期の髪の密度は29%マイナス!

キャピキシルを使用したグループは髪の成長サイクルが正常化し、
成長するプロセスにある髪の割合が大幅に増加したことがわかります。

成長期の髪の増加=髪が増える
休止期の髪の減少=抜け毛が減る

成長期の髪の量が増えているので、髪の毛の密度が増しています。

キャピキシルを使用した被験者の70%以上が、
「目に見える改善を感じた」というアンケート結果が出たそうです。

AGAに悩む男性を対象に「髪の一部だけ」ミノキシジルと
アセチルテトラペプチド-3でケアしてもらったところ、何もケアしていない部分の髪に比べて、

ミノキシジルは52%の改善効果があった。

アセチルテトラペプチド-3は156%の改善期桜花があった。

ミノキシジルの3倍の効果があるという宣伝文はこの実験から来ています。

ピディオキシジル

ミノキシジル誘導体と呼ばれ、ミノキシジルの分子構造にそっくりに作られました。

ピディオキシジルとミノキシジルの違いは、
ピディオキシジルはミノキシジルが持つ「血圧降下の特性を持つ分子構造」
の部分を無効化し、高い頭皮吸収効率を実現した成分です。

副作用が発生しないミノキシジル成分といえます。

量産化が難しくコストが高くなることから、
発毛関連でピディオキシジルが使用された製品は、

これまで高い生成技術を実現したBOSTONスカルプエッセンス(1,5%)のみでしたが、
続いてフィンジア(2%)が実現に成功し、
非常に高い発毛効果が期待されているのです。

ピディオキシジルはまつげ美容液で発毛力が証明された成分です。

女性のまつげエクステやマスカラはまつげ脱毛を発生するのですが、
ピディオキシジルを使用した「スカルプDまつげ美容液」が、
生える!増える!と大絶賛で売り切れ続出となっています。

このスカルプDまつげ美容液における成果や頭皮発毛用へと研究され、
ピディオキシジル濃度を向上させることが発毛エッセンスとなりました。

フィンジア効果比較育毛剤の記事を見る

おすすめシャンプーの記事を見る

フィンジア